借金 弁護士 無料 相談

あなたの借金問題を解決します!

借金 返済 弁護士

 

借金返済を減額してもらうには

借金 返済 弁護士

 

督促の電話で心臓がバクバクする。毎月毎月、現金が足りなくてつらい。
こんな生活を長く続けていたら、心も体も病気になってしまいます。

 

実は借入先との話し合いをすれば、借金は減額できます。

 

 

なぜ金融機関が借金の減額に応じてくれるの?

不思議だと思いませんか?
それは本当にお金が返せなくなると自己破産になるからです。

 

自己破産になると会社に1円もお金が戻ってこなくなります。
だから、返せなくなった方の借金を減額してくれるのです。

 

借金の解決方法にはいくつか種類があるので、あなたに最適なものがどれか見てみましょう。

 

 

借金の解決方法の種類

借金 返済 弁護士

 

任意整理 借りたお金の利息(金利)を無くしてくれる
個人再生 残りの借金の総額を減らしてくれる
自己破産 すべての借金が無くなる。ただし、家や車などは処分。

お金を借りると必ず金利が発生しますね。この金利を無くしてくれるのが任意整理です。
残りの借金の総額を減らしてくれるのが個人再生です。
家や車、一部を除く貯金を処分する代わりに、すべての借金が無くなるのが、自己破産です。

 

いずれの方法にも適用できる条件が決まっています。
どの方法がいいかは、あなただけで判断するのは難しいですね。

 

お近くの弁護士に相談することをおすすめしますが、見当たらない人はこちらの専門家に相談してみましょう。

 

 

 

 

借金問題の返済のことばかり考えると、夜もまともに眠れなくなります。
早く弁護士や法律の専門家に無料相談して、いい解決方法を見つけてくださいね。

借金 返済 弁護士

 

 

お金の問題

 

お金の問題でお悩みのあなたには、日本法規情報をおすすめします。

 

日本法規情報の相談窓口案内サービスには、全国に1000事務所、3000人以上の専門家がいます。

 

この業界トップクラスの中から、あなたの状況・お悩みに適した専門家を無料で案内してくれます。

 

日本法規情報

日本法規情報

日本法規情報案内サービスでは、法律問題かどうかわからない段階でも、事前に話をすることができます。

 

個人間の借金トラブルや相続問題などの専門の先生は違います。専門分野は複数あり、どこにでも相談していいわけではないのです。

 

専門家に相談する前に、日本法規情報サービスで現状を把握してもらい案内してもらえるので、間違った問い合わせ先に相談することがなくなります。

 

どんな小さな内容でも、問い合わせできます。

 

【案内無料】 24時間受付 全国対応

050-7576-1589

 

 

 

 

 

 

カードの種類

 

クレジットカード、キャッシュカード、キャッシングカード、デビッドカード、電子マネー。
いろいろな種類のカードがありますが、この中に借金を負うものがいくつかあります。
どれが借金か知らないまま使っている方もいます。

 

当たり前ですが、確認しておきましょう。
まずクレジットカードは買い物をしたときにお金を立替てもらうものでズバリ借金です。買い物をしずぎて、毎月の給料よりも支払いのほうが多くなれば、カード破産してしまうものです。

 

そしてキャッシングカードは直接現金を引き出すことのできるカードですが、立派な借金です。
現金が出てくること、キャッシュカードと名前が似ていることから、自分のお金だと勘違いしてしまいそうになりますね。
キャッシュカードは自分の銀行口座から直接現金を引き出すためのカードですが、キャッシングカードは違いますのでご注意ください。

 

デビッドカードは他のカードよりも使っている人は少ないかもしれません。
デビッドカードは買い物の際に直接自分の銀行口座から引き落とされるものなので、借金ではありません。
電子マネーも最初に現金を入金しますので、借金には当たりません。

 

このようにカードにはいくつか種類があり、使用方法を間違うと多額の借金を背負うことになりますからお気をつけください。